自室で仕事をするライブチャットではありますが、普通に対応するのではなく、ちょっとした点に気を使うことも必要となります。

まず、WEBカメラに映る部分だけでも部屋を綺麗にしておかなくてはいけません。
やはり、部屋が汚いと男性にもあまり良い印象は与えません。
これは、男性に限らず、女性でも同じことですよね。

次に、照明について。
照明が暗すぎると、WEBカメラに映っている自分の印象まで、相手に「暗い人」だと伝わってしまいます。
これから会話をしたい、と思った人が暗そうだと、気分がそがれてしまいますよね。
ですので、テレビに映る芸能人や雑誌モデルがそうであるように、自分に明るい光を当てることで印象を明るいものへと変えましょう。
こういったテクニックは、他のチャットレディーが実行している分、やらなかった場合は悪目立ちしてしまいますので、ぜひ気をつけて調節してみましょう。

また、カメラ映りについても注意が必要です。
斜めからのアングルのほうが映りがいいからといって、ライブチャットをしている時までその角度をキープするなんてことはタブーです。
ライブチャットで会話をしている最中に、相手がどこを見ているかわからない、なんて状況になると、相手が冷めてしまう原因になります。
ですので、ライブチャット中のカメラは必ず正面から映るように、位置を調整しておきましょう。

また、この他にも、来てくれた男性へのフォローメールの送信をすることも一つのテクニックです。
と言っても、男性ごとに文書を作成するのは面倒ですよね。
テンプレートを作成しておいて、一言、その男性のための文書を入れるだけでもかまいません。
それだけでも、また訪れてくれる可能性がぐんと高くなります。

問い合わせメールや返信にも対応できるように、メールを転送設定にしておきましょう。
より、リアルタイムで対応することができますから、返信を忘れる、といったミスも少なくなるでしょう。